アメリカの経済対策が220兆円をこえる金額が議会で合意しましたね。
アメリカのGDPの約10%に当たる220兆円。すごいですね。
しかも動きが早い!

それに比べて日本の経済対策はどうでしょうか?

和牛の商品券にしようという話が出ていますが実際のところはどうなんでしょうか?

今回はアメリカの経済対策220兆円に対して日本の経済対策はどうなっているのか書いていきますね。

日本の経済対策案①現金給付

nattanan23 / Pixabay

日本の経済対策として一番有力で効果があるのが現金給付だと言われています。

現金給付と言われていたのが全国民に12000円。

ただ新しい案としては一世帯に対した20万円から30万円の支給にしようという話もあります。

今、日本は5300万世帯ありますが、条件を付けて1000万世帯に限定しようとしています。

そんなに金を払いたくないのかと思ってしまいますね。

日本の経済対策の現金給付と世界の比較

qimono / Pixabay

日本の経済対策として現金給付がありますが、世界と比較してどうなっているのでしょうか?

アメリカ 大人約13万円 子供5万円

香港14万円

韓国 8万

これは国民一人当たりの話なので、今日本がやろうとしているのは配る人を限定してやろうとしています。

これだと線引きが難しく、決定までに時間がかかることは免れません。
しかも5月末になろうかという話です。

アメリカは2週間でやろうとしています。

決断の早さがまるで違う。

今、現金が欲しいという人がいるということがイメージできないんでしょうね。

日本の経済対策②商品券

misskursovie2013 / Pixabay

新型コロナウイルスの影響で飲食業や環境業は大きな打撃を受けるということで商品券を発行して消費の喚起を促すようです。

財務省としては現金を支給しても貯蓄に回され消費をしないということで商品券ならば使うだろうという考えのようです。

しかし、消費増税の時に発行されたプレミアム商品券は何の効果もなかったようで、同じ過ちをしようとしている政府にはがっかりしてしまいますね。

さらには和牛の商品券を発行しようとしてようです。

これは自民党の農林部会が提案しているようですが、今の国民が経済危機に直面しようとしているのに和牛を食べてもらおうというのは愚の骨頂ではないでしょうか。

日本の経済対策にネットの反応

coffeebeanworks / Pixabay

サラリーマン

アメリカもイギリスも香港も一律で現金給付なのに日本は所得制限あり!
それじゃあ経済対策にならない事に気づかないのか?
安倍政権はバカばかりなの?
まあ、国会答弁見てると頭悪そうだよね。

お団子あたまのキャリアウーマン

政府が打ち出す政策で毎回謎に思うのが、商品券しかり現金給付しかり、なぜ対象に「子供のいる家庭のみ」を入れるのか。困ってるのは子供がいる家庭のみではないのに。
「みんな」困ってるのに。

カジノディーラ

政府が言う「生活困窮世帯」ってなんだろうね
単身だったら年収150万、2人だったら225万、
3人だったら300万以下とか?

女子

年収に基づくなら上限数値に近づくほど
倍率を減らすとかしないと不平不満が生まれるよね。
どうせまともな現金給付されないだろうし
個人的には廃案or商品券でいいと思うけど

サラリーマン

日本ではできないでしょうね。
ベーシックインカムどころか一時的な現金給付ですら渋ってますから。日本政府仕事しないなぁ。

不満が爆発していますね。

これでは応援できないでしょうね。

まとめ

今回はアメリカの経済対策220兆円 日本の経済対策について書いていきました。
日本の対策はあまりにもおそまなつ感じがします。
これでは政府に対して不満が噴出してしまう気がしますね。

今後どうなっていくかしっかり見ていきましょう。

関連記事

イタリアでコロナウイルスがなぜ多い?その二つの理由

オーバーシュートとは?医療崩壊につながる新型コロナウイルス

リミットダウンとは?サーキットブレーカーとの違いは?

マスク転売禁止の内容は?抜け道とは?