2020年3月30日に東京都の小池百合子都知事が新型コロナウイルスの対策でナイトクラブやバーなどへ行くことを自粛してほしいと呼びかけました。

新型コロナウイルスの影響が夜の店に限定して自粛要請とは、お店側にとっては打撃ですね。

ここで疑問になってくるのは、なぜナイトクラブやバーなどを限定しているのでしょうか?

今回は新型コロナウイルスでナイトクラブ、バー自粛!その根拠とは?と題して記事を書いていきますね。

新型コロナウイルスでナイトクラブ、バー自粛の根拠とは?

Free-Photos / Pixabay

新型コロナウイルスが日に日に増加していて都としても危機感があると思います。その感染拡大を食い止めるための手段としてナイトクラブやバーなどに行くなと要請を出しています。

その根拠としては、現在感染しているひとで、感染経路がわからない人が増えていて、その感染経路がわからない人の3割がナイトクラブやバーなどに通っていたそうです。

ナイトクラブとは、キャバクラなど女性がお酒などを接待してくれる場所ですね。

そういった場所では三密が成立するそうです。

三密とは
・「密閉」空間に
・人が「密集」して
・人が「密接」に交わる。

確かにキャバクラやバーなどはこれに該当するかもしれませんね。

ただこれが根拠に言われても店側は納得しないだろうなと思いますね。

ただ感染経路のわからない7割の人はナイトクラブやバーなどにはいっていないそうです。

もうこうなってはお手上げな感じがしますね。

志村けんさんのこともそうですが、極力年配の人との接触は避けることが最も重要かもしれません。

データでわかるのですが、日本では40代以下は死亡者が一人もいないですし、感染者も少ないです。

やはり、高齢者に対して手を打つことが感染による死者を最も減らせるのではないでしょうか?

ナイトクラブやバーに対しての保障は?

cherylholt / Pixabay

ナイトクラブやバーに対して行くなというのであれば、それなりの保障がないと店側としては潰れてしまいます。

そこで保障とが気になるところ。

その保障内容ですが、国側が保障内容を決め、都としてはそれに上乗せして保障を検討するということでした。

最近よく聞く検討ですが、本当に遅いですね。

お店は潰れてしまいますよ。

新型コロナウイルスでナイトクラブ、バー自粛についてネットの反応

coffeebeanworks / Pixabay
女子

大体バーやナイトクラブが集団感染場所になりやすいのも客が外から運んでくる、体調不良だけど「大丈夫だから!」っていう猿(インフルエンザでも来ようとするからなあいつら)がいるからで、従業員が悪なわけではない。風俗もそうだけど最初から病気のキャストはいない。病気はいつも外からくる。

カジノディーラ


これを書いているNHKの方、ナイトクラブってどこに残っているのですか?昭和じゃないんだから。私は56才だけどナイトクラブなんて見たことも行ったこともありませんよ。フツーにキャバクラ・クラブって何故言えない?

サラリーマン

カラオケ、ライブハウス、バー、ナイトクラブ(って何?)、接待してくれる店、保育園、小学校、会社、電車、全部行ってない。これで感染したらもう無理。

お団子あたまのキャリアウーマン

ライブハウス、カラオケ、バー、ナイトクラブ、接客を伴う飲食店に出入りするのを自粛しろと言われて、そこで働く従業員の気持ちは?生活は?
そういうお店を営業してるのが不謹慎というなら給料補償してよ。
お店側に自ら自粛を「お願い」するならそれなりの対策案もってこいや

なかなか辛口な意見もありますね。

まとめ

今回は新型コロナウイルスでナイトクラブ、バー自粛!その根拠とは?について書いていきました。

都としてはなんとか感染を抑えたいということでしょう。

その保障が決まっていないなかで国民にお願いするだけで、何もしないということであればそれはいかがなものかと思ってしまいます。

とりあえず給付金、さっさと配りましょう。と切に願うばかりです。

関連記事

新型コロナウイルス訴訟!中国を相手取りアメリカで裁判

新型コロナウイルスにBCGが効果あり?BCGワクチンとは?

新型コロナはペットにうつる!猫や犬にも感染!

イタリアでコロナウイルスがなぜ多い?その二つの理由