資家の瀧本哲史さんがなくなったというニュースを受けて、日本人の有名な投資家はどれくらいいるのだろうと疑問に思い、調べてみることにしました。

日本の有名な投資家 五味大輔氏

五味大輔さんはそーせいグループの筆頭株主となった個人投資家です。

なんと五味さんは中学受験から株式投資をはじめて、100万円の投資金を学生時代に6000万まで稼いだ実績の持ち主です・

一時期有名になったミクシィやガンホー株で資産を大きくし、2015年には資産が200億を超えました。

そして2016年にはそーせいグループの筆頭株主にもなったというとんでもない人ですね。

そーせいグループとは

ちなみにそーせいグループは

医薬品の研究開発・販売、日本における事業化推進

Sosei RMF1(再生医療ファンド)の運営

など医療に関する事業を行っているようですね。

私の知らない会社ですが有名で利益を上げている会社は多くあるんですね。




日本の有名な投資家 片山晃

ハンドルネームは「五月」さんとして有名な方だそうです。

片山氏が投資を始めたきっかけは、テレビドラマ「ビッグマネー」
このドラマは投資をテーマにしたドラマでこれをみたことでやってみようとおもったそうです。

2005年に65万円からスタートし、2006年末にはアルバイトも辞め、専業投資家になったとのこと。

初期はデイトレードを行い、1300万まで増やし、2008年のリーマンショック以降は中長期投資に転換します。

その後「レオス・キャピタルワークス」に就職しますが、再び個人投資家になるべく退社。

2014年にはシリウスパートナーを設立し、未上場ベンチャーにも投資をしています。

65万円からわずか一年で専業投資家になったというのはすごいですね。
これで生活できると覚悟を決めたときだったんでしょうね。

日本の有名な投資家 小手川隆

小手川隆氏は2000年に、大学時代にアルバイトで貯めた160万円をもとに株式投資を始めたそうです。

初期はデイトレードを行い、そこからスイングトレードに手法を変更し、二ヶ月で280万円まで増やしたそうです。

その後も独自のトレード手法で資産を増やし、2年後には1億円を突破。

すごいですね。

ここから快進撃が続きます。

2005年のジェイコム株誤発注事件で、当時40億円を投入し、高騰したところで売り、わずか16分で20億円を稼ぎ出しました。

この事件で小手川氏が一気に名が売れ「ジェイコム男」として有名になったそうです。

その後、資産が100億を突破し、2008年には200億を超えるまでに資産を倍増したそうです。

まとめ

今回は有名な投資家を紹介しました。
資産の額はすごいですね。

私も勉強して挑戦してみようかな。
投資は怖いとか思ってしまいますが、やってみないとわからないですもんね。

行動あるのみですね。