中国産アニメの映画、ナタ之魔童降世が中国で大人気になっています。

アニメと言えば日本を代表するサブカルチャーとして君臨していましたが、そうも言っていられなくなってきました。

中国で人気の日本のアニメは「君の名は。」が87億円、アメリカのアニメでは「ズートピア」の230億円という興行収入を誇っていますが、この「ナタ之魔童降世」はこれら2つを大きく上回る700億円を突破しているのです。

今回はこの「ナタ之魔童降世」について書いていきます。

ナタ之魔童降世はどんなアニメ?

ナタ之魔童降世は3Dアニメーションで「ナタ」は中国の神話に登場する人物です。
封神演義などの古典作品にも登場していて、蓮の花の化身とされています。

確かにナタの持っている武器の先端は花のような形をしていますね。

ちなみに、日本では週刊少年ジャンプの封神演義にも「ナタク」というキャラクターで登場しています。

ナタ之魔童降世の動画はこちら

3Dのアニメーションでかなりクオリティは高いですね。
ではどういったストーリーなんでしょうか?
調べてみました。

ナタ之魔童降世のストーリー

いたずら好きの主人公がヒーローに成長するというストーリーです。

幼少の頃からバケモノと人々からひどい仕打ちを受けていたという悲しい過去を持っていたようです。

なんとなく、ナルトみたいな印象を受けますね。

映像を見ると、でっかい隕石を受けるような場面もあります。これはνガンダムのアクシズかなと思ってしまいますね。

ナタ之魔童降世の声優

アニメーションであれば声を当てる声優がいますがどんな人なのでしょうか?

ナタの少年の時の声優

吕艳婷 さん

かわいい人ですね。声はナルトの声優に似ている気がします。

ナタの青年の時の声優

囧森瑟夫 さん

この方もかっこいいですね。
色んな作品にも出ているようです。人気声優なんでしょうね。

まとめ

今回は中国アニメナタ之魔童降世に書いていきました。
今後はもっと中国アニメが進出してくるかもしれません。
日本のアニメももっと世界中で売れるといいですね。