2019年9月5日にサッカー日本代表とパラグアイとの親善試合がありましたね。

結果は2-0で日本代表が勝利しました。

ただこの試合で久保建英がどういったプレーをするのかが注目されすぎていた気がします。

ここで今回の試合で良かった選手について書いていきます。

サッカー日本代表 パラグアイ戦で良かった選手 

大迫勇也

やはり得点を決めた大迫勇也選手ではないでしょうか。

ボールを収めることができるので二列目との関係が抜群です。

大迫が下がってボールを受ければ、二列目の、南野、堂安、中島翔哉が上がってボールを受けるようなところがいくつもありました。

堂安律

いつも辛口な評価を受けやすい選手ですが、今回の動きはよかったですね。斜めに走ることで右サイドにスペースが空きます。
そこに酒井宏樹が上がってボールを受け、クロスを上げるというシーンが多かったですね。

前半は右サイドの攻撃が活発化していたのは、この二人が要因でしょう。

ただ、どうしても縦への突破が少ないというのは気になります。
やはり得意な左足を使いたいというのもわかりますが、右で打つことも選択肢とあったほうがいいと思いました。

冨安健洋

安定感が抜群でしたね。
最初は右のセンターバックとしてやっていました。右からの攻撃をほぼ防いでいましたね。

酒井宏樹の交代で右サイドバックとしてやってもその安定感は変わらずでしたね。

なんとなくですが、久保との連携がうまくいっていない感じでしたが、右からの上がりだったりパスの精度も高い。
今の森保ジャパンで最もワールドクラスかもしれません。

久保建英

試合が始まった当初からカメラに抜かれるほど注目が集まっていましたね。
やはりテクニックはすごくてトラップはピタリと止めるし、ドリブルもうまかったですね。

ただ今回は輝けることがあまり出来ませんでしたね。

理由としては全体の流れだと思います。

久保建英はライン間で受けることがうまい選手。
右のウイングでのポジションで右側に選手が密集している状態が多いところにパスが回ってきてそこから抜くという感じがありました。

せっかくサイドのよっているのであれば、幅をとるのがうまい安西幸輝にパスをだして相手選手を揺さぶり、ディフェンスの間が空いたところに久保が出てきてパスを受けるというシーンがあればよかった気がします。

ただ、テクニックをきっちり見せることができたので期待感は高まりましたね。

まとめ

今回はサッカー日本代表パラグアイ戦について書いていきました。
中島翔哉だったり良かった選手も多くいますが、いつもどおりという感じで少し残念でした。
Jリーグにもいい選手が沢山いるのでそういった選手を使ってほしかったです。
個人的にはマリノスの仲川輝人が見たかったなー。

今度はワールドカップ2次予選のミャンマー戦です。おそらく勝利するでしょうが応援していきましょう。