トランプ大統領が新型コロナウイルス感染拡大を受けて国家非常事態宣言をしましたね。

この国家非常事態宣言をしたことによってアメリカがどうなるのでしょうか?

また、過去に国家非常事態宣言をされたのか調べてみました。

ぜひご覧ください。

アメリカが宣言した国家非常事態宣言とは?

Ronile / Pixabay

国家非常事態宣言。

これは戦争や大規模災害で国家の安全にかかわる事態が起きた時、迅速に対応するためのもので、大統領が議会の承認を得ずに行える行政手続きの一つです。

それだけ新型コロナウイルスの影響が大きいということですね。

先日日本でも新型コロナウイルスの影響で新しい法案が通りましたね。

その法律は新型コロナ特措法で緊急事態宣言可能がになりました。

これもアメリカの国家非常事態宣言と同じく人の移動の制限や資産を差し押さえこともできるそうです。

怖い法律ができた気がしますね。
悪用されないことを願うばかりですね。

アメリカが国家非常事態宣言。今後どうなる?

geralt / Pixabay

アメリカが国家非常事態宣言をしたことによって人の移動が制限されます。

まだどこが制限されるかは報道されていませんが、これは大きな影響が出ることが予想されます。

アメリカには多くの日本企業があり、移動ができなくなるとあれば多大な影響がでますね。

新型コロナウイルスが広がってくれば、仕事もできなくなってくると思いますし、感染者が増えれば医療を受けることもできなくなるかも。

怖いなー。

アメリカが国家非常事態宣言。過去に起きた事例

アメリカが国家非常事態宣言を過去にしたことがあります。
その事例を紹介します。

アメリカが国家非常事態宣言①同時多発テロ

2001年に同時多発テロでプッシュ大統領が国家非常事態宣言をだしました。

数万人をテロとの戦いに動員したそうです。

これを見ると大統領にとんでもない権利があるんだなと思ってしまいます。

戦争を選択できる宣言。

まぁ、やられっぱなしでいることはできないと思いますが。

アメリカが国家非常事態宣言②大型ハリケーン

2011年にオバマ大統領が大型ハリケーンアイリーンの接近に伴い、直撃エリアの地下鉄やバスを全面停止にした
そうです。

これは国民を守るための対応だと思いますのでいいと思います。

もし制限しなければ人が外に出たり、移動していたりすると死者が大勢出るかもしれないので選択としては間違っていないと思ます。

アメリカが国家非常事態宣言についてネットの反応

かなりの資金を投入するみたいですね。
そのおかげで株価も爆上げ。今は乱高下がすごいのでどうなるかわかりませんね。

プロはどう動くのかなー。

まとめ

今回はアメリカが国家非常事態宣言!今後どうなる?過去にはあった?ということについて書いていきました。

新型コロナウイルスの影響でアメリカにも飛び火しましたね。

当初は対岸の火事みたいに思っていたそうですが、本当に油断大敵ですね。

今後も注視していきたいですね。