週刊ポストが「韓国なんていらない」という記事で炎上していますね。

この韓国なんていらないとはどういった内容で批判が相次いでいるのでしょうか?

調べてみました。

韓国なんていらないの記事の内容は?

9月13日号の週刊ポストで韓国なんていらないというタイトルに記事が出ました。
内容はGSOMIA破棄、などで韓国に与えるシュミレーションはどういったものなのかという内容でした。

今回最も批判を浴びた内容は「怒りを抑えられない『韓国人という病理』」という記事で、韓国人の10人に1人が「間欠性爆発性障害」であるという韓国の医学レポートをもとに書いた内容でした。

このレポートの信憑性がどこまであるのかわかりませんが、韓国人が精神疾患をもっているから気をつけろみたいな感じの印象を受けますね。

表紙には「『嫌韓』ではなく『断韓』だ 厄介な隣人にサヨウナラ」などかなり過激なタイトルですね。

これは日本人でも嫌な気がするのもわかる気がします。

韓国なんていらないについてネットの反応

男の子 怒り男の子 怒り

民間でも議員でも韓国下げはヘイト扱いにされ、日本下げは表現の自由を謳ってくるのでダブスタなのはその界隈ですね。

男の子 怒り男の子 怒り

「韓国なんていらない」
徴用工問題、日韓請求権協定で最終的に解決しているのに蒸し返しての、従軍慰安婦問題、10億円でもって基金を設立したのに、その資金を持ったままトンズラ解散するし、ホワイト国から何故除外されたか理解してないし
東京オリンピックについて難癖するし、
だから、いらない。

男の子 怒り男の子 怒り

週刊ポストの「韓国なんていらない」に対して

そんな記事書いたらあの国と同類ですよ

ぐらいのコメントにしておけば、己があっち寄り(又はあっち)って気付かれないのに

批判内容が酷ければ酷いほど
私はあっち寄り(又はあっち)の人です
ってカミングアウトしてるようなもの

批判的な意見もあれば賛同する意見もありました。

まとめ

今回は韓国なんていらないについての記事をかいていきました。
今韓国との関係は過去最悪とも言われています。

それに対して週刊ポストが煽って面白くしようとしている感じがします。

みんな仲良く行きましょう。